〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目2番5号
  E-Mail        info@triple-eye.or.jp

Single i(シングル アイ)工法

概 要

 橋梁等の床版コンクリートを外観から診断するのではなく、特殊機器を使用して直接コンクリート内部にアクセスし、内部の変状を現地で確認できる小径微破壊コンクリート内部調査工法です。
 構造物をただその地点のデータだけではなく、橋梁等の構造物全体として診る必要があり、それが正確なデータ取得に基づくもので無ければならず、本工法はそのニーズを満足し、その後の診断に唯一応えられます。

特 微

コンクリート内部の変化を現場で即座に確認できる微破壊調査方法です。
◉ 軽量で運搬,設置に便利
◉ 機械を任意箇所にバキューム設置できるため,作業が迅速で削孔速度も速い
◉ 床版の上下面からの調査が可能
◉ 舗装上からの調査や,鋼板下面から上方に向けた調査も可能
◉ 現状で最新のⅰ-SCOPE(高性能内視鏡)で孔壁撮影するため,削孔径は10.5mmで済む
◉ 削孔径10.5mmなので床版やコンクリートへのダメージはほとんどない
◉ ⅰ-SCOPEを等速で挿入できるため,撮影画像のひずみが極めて少ない
◉ 撮影は側視による120度角であり,十分な孔壁の検査が可能
◉ 浸透性の高い特殊カラー樹脂(MMA)を使用しているため微細なひび割れの検査が可能
◉ ひび割れ幅の測定精度は0.01mmであり,空隙やASRリムの観察も可能
◉ 施工,検査時間が短いので,短時間で多くの箇所の検査が可能
  1箇所あたりおよそ時間
  (削孔5分,樹脂注入後固化15分,検査5分,補修5分:合計約30分)
◉ 現場において床板内部をⅰ-SCOPEモニターよる確認や,パソコンを使い専用ソフトによる展開図の作成
  印刷が可能 (結果判断が迅速にできる)
◉ 削孔部は短時間で固化する補修材(リペアミックスS-ⅰ)で簡易に充填でき,早期交通解放に有効
◉ 1箇所あたりの調査コストはコアボーリング調査(蛍光エポキシ樹脂負圧含浸法)より安価

調査手法


鉄筋探査

②1次穿孔 (穿孔径:Φ5㎜)

③特殊カラー樹脂注入

④2次穿孔            (穿孔径:Φ9㎜・Φ10.5mm)

⑤孔内の確認と記録
⑥検査後の検査孔の穴埋め充填
 ※補修材の反力による充填工法
⑤「孔内の確認と記録」の動画がダウンロードできます。
 直視動画 側視動画
※クリックすると動画がダウンロードされます(.avi形式)

主な使用資機材

【Single i (シングル アイ)工法】



【孔内の確認と記録に使用】

①撤去床版 樹脂注入状況
②0.1mm以下まで注入できる
 特殊カラー樹脂
 (MMAメタクリル酸メチル樹脂)

上下に一定にスライドするエンコーダ(エンコーダ)と i-SCOPE(高性能内視鏡)の組合せで、コンクリート内部の状態を画像および動画記録で保存ができます。
ひび割れ幅の計測もできます。
記録保存した側視レンズの動画を特殊映像処理を施して1枚の展開図にできます

主な調査材料

【特殊カラー樹脂】

【調査孔の補修材 リペアミックスS-i】

特殊カラー樹脂を注入することにより、コンクリート内部のひび割れ等が確認し易くなります 調査後の調査孔の穴埋め補修材で、コンクリート用(左)
アスファルト用(右)があります






事務局

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町1丁目
2番5号

TEL 03-6661-6444